結婚について、悩まない人はいないはず。本当にこの人でいいのか……。誰もが考えることですが、案外、飛び込んでみれば何とかなってしまうものです。

結婚相手のことで悩めるなんて、今のうち。結婚したら、相手の家族のこと、子どものことなど、悩まなくてはいけないことがたくさんあって、自分のことなんていやおうなしにそっちのけになります。

お姑さんたちのことまで自分が背負っていけるかな、などと、結婚相手もいないのに先々のことまで考え過ぎる大もいますが、ダメだったら別れたらいいんです。早く飛び込めば、やり直しだってしやすいんです。

実は、お見合いの世界では、40代で初婚の人よりも、40代で再婚の人の方がモテます。

男性からすれば、今まで誰からも結婚するほど愛されたことのない女性よりも、一度でも結婚するほど愛されたことのある女性の方がいい、と思うんです。例えば43歳女性だったら、大体お相手は50代になりますが、男性が再婚であればなおさら、初婚の女性は選ばれにくくなります。

女性側も同じです。人生経験が多い方が包容力もあるし、丸みを帯びていると考えます。例えば、最初の結婚のときには、相手の自由を奪って束縛するような男性だったとしても、それでうまくいかなかったのなら、2回目はそれを反省して、もっと奥さんを自由にしてあげよう、という寛大さが出てくるのです。