美容の為にお金を惜しむのは後で痛い目を見ます。安上がりだと後で高くつくからです。ただし私自身ズボラなので誰にでも実践可能な方法をお伝えしたいと思います。

①スキンケア:基本中の基本ですが、スキンケアは大切です。姉は昔某有名なスキンケアショップの美容部員をしていた事があり「化粧品は百貨店か良い物を使わないといけない」と言っています。

私は自分の肌に合うものを使用しています。多少値は張っても良いものの方が良いです。私はそんなに肌が強くない為一度安上がりで済ませれないか試した所、顔が真っ赤っかに腫れあがり皮膚科送りという痛い目を見ました。それ以降は自分の肌にあったものを使っています。

ボディケアもおこたりがなく、毎週1回はボディスクラブやピーリングを行なっています。ボディスクラブは良いものを使っており、お肌が水を弾くほどのレベルです。乾燥肌なので果実の良い香りのするボディバターを使っています。ボディーバターのみ使用制限を決めており、ボディマッサージを行う時のみ使用する様にしています。

デメリットは前途で上げてるように値段がお高いのでお金が辛いです。ボーナス時期にまとめ買いするようにしています。ただある美容の本に書いていましたが、肌を休ませる名目として丸々一日家にいるお休みの時のみあえてスキンケア類をつけていないです。あくまでも朝のみですが。時々なら良いのかもしれません。

②むくみとり:時間に余裕のある時のみボディ用のコロコロ器具で身体のむくみを取るようにしています。むくみがあると全体的に美しくなく、セルライトの原因になる為するようにしています。

夜にすると翌朝体がとても軽いです。私は自分の指で行うリンパマッサージが苦手なのでこっちの方が気楽で良いです。デメリットとしては時間に余裕がないとできない事。暇つぶしがないと飽きて途中でだれてしまう事。ふくらはぎなど一部位にかける時間が4分なのです全ての部位をしようと思ったら2時間半はかかってしまいます。