アラサー世代で独身だと、楽しいことがいっぱいです。友だちと旅行に行ったり、おいしいものを食べたり、自分を高めるために習い事をしたり……。そうこうしているうちに、友だちが一人、また一人と結婚していく。友だちも、「あなたの人生だし、あなたが結婚したいときが適齢期よ~」なんて言いながら、自分はちゃっかり婚活してたりするんです。

独身のアラサー、アラフォーは、「気づいたらこの歳になっていた」、という人が大半。

もしくは「いろいろなところで相談したけど、この人だと思う相手がいなかった」という人。

そんな人たちが「私もそろそろかな?」なんて思ったときには、散々自分を磨いてきた分、相手への条件も、20代のころより数段厳しくなっているのです。

自分磨きをすれば、もっと高いレベルの男性と巡り会える、というのは、私に言わせれば間違い。むしろ、理想が高まれば、その分結婚できる相手は少なくなります。これが年齢を重ねるいち因になっているのです。次から次へと恋愛できる人は別ですが、少なくともお見合い市場では不利です。

また、常に頭に入れておかなければいけないのは、「結婚適齢期と出産適齢期は違う」

結婚は50歳だろうが60歳だろうができますが、出産は違います。男性は50代の人でも、「結婚したら子どもが欲しい」と言います。それを考えるとどうしても、女性の年齢については厳しくなってしまうのです。

最近では、35歳以上で結婚した女性たちが、すぐに不妊治療をする、ということも珍しくありません。婚活が終わったと思ったら、次は「産活」です。年齢が若ければ、「結婚して3年間子どもができなかったら検査して……」というのがセオリーですが、アラフォーともなると、そんな悠長なことは言ってられません。

お見合いで結婚する場合、どうしても男性の方が年上、ということが多いですから、夫婦で治療に通う例も少なくないでしょう。

将来、少しでも子どもを望む可能性があるのなら、1日でも早く婚活を始めることをお勧めします。