吹き出物ができてしまったときの対策法

朝起きて鏡を見たら、昨日まではなかったはずの吹き出物がおでこや頬にできていてガックリ・・・(´Д`;)
そんな経験がある方は多いと思います。
一度できてしまった吹き出物はなかなか消えないので厄介ですよね。
治ったあとも跡が残らないかという心配もあり、女性にとってはまさに悩みの種(‐ω‐;)。
しかしながらできてしまったからとあきらめず、その後の対策が重要になってきます。
ここでは私が実際に実践している方法をいくつかお伝えしていきたいと思います(v^ー゚)。

 

まず基本的なことですが、吹き出物には極力触らないようにすることが大事です。
ふいに触って傷つけたり表面の皮部分が取れたりしてしまうと、跡に残りやすくなってしまいます(>ω<)。
洗顔の時にも吹き出物の部分は軽く洗い流すだけに留め、泡などが直接当たらないように気を付けましょう。
そして洗顔後は顔全体をしっかり保湿することを忘れずに。
吹き出物ができるということは、乾燥や紫外線など、外部の刺激などによる肌の防御力が弱っているということでもあります。

そこでしっかり潤いを補給してあげれば、肌のバリア力は高まるのです。
特にお風呂に入った後や夜寝る前は肌が乾燥しがちなので、保湿クリームを塗ることをオススメします。

私は吹き出物部分には何も塗らないタイプなのですが、気になるのであれば、専用のクリームを塗ってみてもいいと思います(^ω^)
洗顔のときと同様に、化粧するときもなるべく患部には当てないようにし、パウダーなどでうっすら塗るくらいがちょうどいいと思います。
見た目が気になるからと言って吹き出物を隠すように厚塗りしてしまうと、当然治りは遅くなります( ´ω`)。
また、髪の毛が肌に直接触れるのも良くありません。
特に吹き出物ができてしまった部分はデリケートになっているので、触れやすい前髪などはピンなどで止めておくのが一番いいと思います。

そして、食事も対策として重要な要素です。
普段から油っこい食事やお菓子ばっかり食べていませんか?
当然肌にいいはずがありません(-ω-;)
ビタミンやミネラルのたっぷり入った野菜や果物は、肌の修復力や保湿力を高めてくれるので、たっぷり摂りましょう。
また、夜遅くの暴飲暴食や、アルコールの摂取もNG(>ω<)。
夕食はなるべく夜9時までに、軽めに済ませることを心掛けてみてください。

吹き出物は早めにしっかり対策することで、治りが早くなります。
しかし、顔の吹き出物だけではなく、これからの季節は肌の露出が多くなるので、胸のぶつぶつなどもきになってきます。胸のぶつぶつの原因は顔の吹き出物とは違う場合があるので、同じ対策をしても治りが悪くなることがあります。その対策として「胸のぶつぶつを治したい!」というところで詳しく解説してあったんで参考にするといいと思います。

ここに挙げた例を参考に皆さんもぜひ実行してみてくださいね(^ω^)

 

吹き出物と毎日の習慣

昔 働いていた、職場の先輩に誘われて 肌年齢を見て貰いました☆当時はまだまだ若かったのもあり、平均よりも10歳若いと診断結果が出ました。それがきっかけで、スキンケアに興味を持ち始めたのが最初だったと思います。

他にも平均よりも水分量が凄く多いとも 言われました。今振り返ると、あまり肌荒れの経験がないのも 事実です。だからと言って、普段から何もしてないと言えばうそになりますが…。

とりあえず、メイクをするようになってからは、寝る前は必ずクレンジングでメイクを落としてからぢゃないと寝ない!お風呂を出る前に最後は冷水で顔を洗う!風呂上がりは直ぐに化粧水などを塗る!なるべく睡眠はとる!メイク前は 顔のリンパマッサージも欠かさずやる!といったところです☆

あとは絶対に絶対に譲れないのが、日焼けだけはしない様に 徹底してます。朝日焼け止めを塗ってない時はベランダですら 出ない程です☆

今書いた物は10年以上毎日続けています。そのおかげなのかは正直分かりませんが、肌荒れ、吹き出物で悩んだ経験があまりありません。

ですが、ここ2、3年疲れが溜まってると 肌に表れるようになって来たように思います。

食生活で言うと、暴飲暴食は良くないと思うのでしませんが、野菜は必ずメニューに入れてます!1日に水も飲むようにしているので、便秘も解消されてます。

便秘解消は 吹き出物には効果があると思います。昔は便秘薬に頼った時期もありましたが、そんな必要はなく、毎日水分を便のサイクルに合わせて取れるようになれば、吹き出物の悩みも少しは無くなると 自分は思っています。

特別に高い乳液などを使う必要もありません。1番重要なのは、自分の肌が、どういう肌質なのか 乾燥しているのか 敏感肌なのか、アレルギーなのか、知る事で 自分に合った物が分かって来ます☆幾ら高級品を使っても 肌に合わず荒れてしまっては 元もこうもありません。

後は、1番簡単で難しい事ですが、継続していく事ではないかと、思います。